スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「お茶」 と 「お客様」♪
2010-02-12 Fri 06:35
「お茶」 と 「お客様」♪




    
      先週から、お飲み物を、お出しする際に、

      10点の有田焼の茶器の中から選んでいただく・・・

      そんなコトを始めてみました。

      



      すると・・・

      お料理研究家のお客様や、

      お茶の、お稽古事をなさっているOLさんや、       

      陶芸教室に通っている方などから、

      たくさんの、お声をいただきました。

      ありがとうございましたっ”(m--m)






  
      『 このキレの部分がいいのよ!

                触ってごらんなさい!! 』


      お料理教室を主宰なさっている方から、そう言っていただいて、
                 
      茶器の、その部分に触れて見ると、

      指先に当たる、数ミリのところに、

      緩やかな角度の変化がありました。


        
      『 ここですか? 』



      そう尋ねてみると、

      

      『 そうよ! ここ!! 

            ここが、とってもいいのよ! 』



      ニコニコ笑いながら、教えてくださいました♪     
 
      とっても楽しそうでした。

      嬉しかったな~っ”♪♪♪









      美容室という 『 場 』では、

      サロン・スタッフの誘導によって、

      座席や、薬剤や、施術が決められていきます。

      お出しする雑誌なども、

      スタッフが、お客様を感じながら選ばせていただく・・・

      そういうカタチが多いのではないでしょうか?



 


      ですから、
 
      そんな 『 場 』で、お客様が自ら『 選択する 』という機会が、

      もっとあったら、ご自分のペースで、くつろいでいただけるのでは?

      ・・・そんな風に思うのです。

      茶器には、それぞれ『 ティー・ポット 』が付いていますから、

      おかわりも、ご自分のタイミングで、お飲みいただけます。
        
 


    
      今回、茶器を、お出ししてみて、感じたコトがありました。

      それは・・・、

      女性の『 感受性は豊かで奥深い 』

                ・・・というコト。

      
      男性とは、根本的に違うというコトを、今まで以上に、

      こころの底から感じることができました。
      






   
      ある、お客様が、

      ティーポットの丸みに両手を添えながら、

      こんな風に、おっしゃいました。



      『 この、あたたかい丸みが好きなのよねっ” 』



      フムフム・・・・・ソカソカ・・・・・。

               コノ・・・マルミ・・・なのね。

      
      毎日、茶器の、お勉強をさせていただいている感じです♪

      感謝!感謝!です(m-ーm)
 
      ありがとうございます!!!!!

      


 

      スタッフと、お客様とのコミニュケーションも、

      今まで以上に、増えた感じがしています。

      お客様が、

      『 場の一体感 』 の中で感じる時間・・・

      その時間が、

      滑らかに流れていったらいいなっ”

                    ・・・って思います。




 

      『 有田焼で・・・、一杯いかがでしょうか? 』  


     
              ~~~~~ヾ(* ̄▽)_旦~~オチャドーゾー♪




別窓 | ひとりごと | コメント:0 | top↑
<<10万アクセス・ありがとうございます! | 「ひらめきの神様」 | [ >>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 「ひらめきの神様」 |

AquariumClock 2

星が見える名言集

友人のペット達

★★星のシャワー★★

★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。